猫のひたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピアニズモ

ただずむしゃしん、ほぐれることば

あったかいことばが降ってくる。
『ピアニスト』と『ツーリズモ』
(原田郁子&奈々姉妹の共作)
2冊の写真集は、ときどき開けては
にやっとしてしまう、宝物のような存在。

写真と言葉の、
ときに寄り添い、ときには離れたところから
こっそり眺めているような、つかず離れずな
関係がおもしろい。

肩のちからがぬける、よ。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

246カフェの近くにクライアントがおり、よくご飯食べたりお茶したりしてるので、先日本屋でのツーリズモの写真の展示見ました。
旅先のノートを引きちぎっている様が、なんとも大胆。いかにも郁子ちゃんらしい字ですよね。

hapluck | URL | 2006年07月19日(Wed)00:29 [EDIT]


わぁ~ ぶち 見たい~。よさそ~。
2つの表紙みただけで
肩のチカラ ぬけたよ~。v-16 

そら | URL | 2006年07月19日(Wed)11:05 [EDIT]


はぷさん。
 はぷさんも行かはりましたか。
 わたし、ノートにあやしげなことばを残してきてしまいました。
 なんだか絵のような文字ですよね、
 郁子ワードは、やわらかいのに力強い。

そらさん。
 『ピアニスト』が日常ならば、
 『ツーリズモ』は旅。
 どっちもあって人生やなぁと思う。
 ぜひぜひ見てみてくんしゃい。

こまこ | URL | 2006年07月19日(Wed)21:41 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。