猫のひたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初夏の札幌

初夏の緑

北海道大学の構内もが多いけれど
JRを挟んだ反対側にある北大植物園も気持ちのいいが。
初夏の日差しの下、がキラキラ。

アザミに蜂

バラ園の脇に咲いていたアザミ。
バラもこの時季見頃になっているけれど
天気が良すぎていい写真が撮れなかった…(言い訳)

2014年6月 北大植物園

スポンサーサイト

PageTop

乙女と野獣?

乙女心

セダムの中でも大きめなプリプリ葉っぱで
淡い色合いもかわいい乙女心さん。

背景のコンクリや窓枠の硬派な雰囲気との
ギャップが楽しくて撮ったのだけど
よく見てみると、右端からニョロリとゴーラムさんが!!
撮ったときはまったく気づいていなかった・・・
写真って見返してみると新たな発見があるから面白い。

ゴーラム

2014年6月 北大植物園

PageTop

月まで届く?

月兎耳

樹のように上へ上へ伸びている月兎耳。
この自由なかんじがたまらないなぁ。
(うちにもいるけど小さい小さい…)

植物園だけど分類がきっちりしてなくて
後ろにアロエさんがいるカオスなかんじもいいなぁ。

2014年6月 北大植物園

PageTop

自然の掟

ピングイクラ エッセリアナ

多肉植物かなと思って、名札に書いてある「ピングイクラ エッセリアナ」で調べたら
なんと「ムシトリスミレ」(←写真を載せておられる方のブログへリンク)
という名前の食虫植物とのこと(!)

冬になると花を咲かせ、そのスミレに似た花に寄ってきた虫が
捕らえられてしまうそう。こんなかわいらしい容姿からは想像できない。
それが自然というものか。

2014年6月 北大植物園

PageTop

日陰のテーブル

ハオルチアさんたち

温室ではなく、室内の休憩用(?)テーブルの上に
置かれていたハオルチアさんたち。

なぜこんなところに?とそのときは不思議に思ったけど
いま思えば半日陰を好む彼らにとって
温室では日当りよすぎるし、ここに置かれてたのかな。
こんなふうに円状に置いてもかわいいな。

2014年6月 北大植物園

PageTop

サボテンの花

北大植物園のサボテン

ほとんど樹のようになったウチワサボテンに、いくつもの蕾。
ここは北海道。自然の環境下では育たないものも多いが
温室では太陽をその身いっぱいに浴びて生き生きして見える。

2014年6月 北大植物園 多肉植物

PageTop

緑の縁にて

北大のマガモ3

北大のマガモ、頭をくるりと後ろにむけて、リラックス?
に映ったが絵画のようで、見とれる。

2014年6月

PageTop

真顔のマガモ

北大のマガモ1

のほうに行くと、大人のマガモがまっすぐな眼差しで。
ちょっとした絵画のような風景。

草をかき分けて近づく。あまりにも動かないものだから
調子に乗ってどんどん近づいていったら、こんな至近距離に(笑)
これ以上近づくとぽちゃしはる。

〈追記〉アップにするとくちばしの上に水滴がキラリ☆彡
カモアップ



2014年6月

PageTop

マガモの学校

マガモのこども

北大の大野池にやってくるマガモのこどもたち。
列をなして一目散に池のほうへ。
坂道で足がもつれ気味の子もいたりするけど
無事全員池に到着できた様子。ひと安心。

2014年6月

PageTop

離陸

2010年、空の旅。

を抱く。

*北海道・新千歳港*

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。